皆さんが難しい思っているガスの回収は簡単ですが、一番難しいのは室内機を壁から取り外す時です。室内機の外し方は各メーカー、機種によってまちまちですので、必ず事前に下調べをして下さい。弊社では御指導出来ませんので御了承下さい。

用意するもの・・・脚立、モンキー2丁、+ドライバー、−ドライバー、六角レンチ、ビニール(絶縁)テープ

  1. 室外機の側面カバーを+ドライバーで外す。配管の接続口と電線が見えます。
  2. 接続部分の横についている六角のキャップをモンキーで外す。六角レンチの挿入口が見える。
      
  3. 冷房運転をかけて(室外機が動いてから)細い配管の方(2分)に六角を入れて時計回りに止まるまで回す。
  4. そのまま冷房運転を2〜3分運転し続ける。ガスが室外機に回収されます。
    ※冬場、室内温度が設定温度よりも低いとリモコンで冷房運転を行うことはできません(室外機が回らない)。そのときは強制冷房を行います。各メーカー室内機または室外機にその方法は記載されています。
    三菱電機・・・室内機のボタンを1回押す
    Panasonic・・・室内機の応急運転スイッチを長押しする
    富士通・・・上記同様または、リモコンで冷房をかけながら試運転ボタンを押す
    サンヨー・・・リモコンで冷房をかけ、室内機のスライドスイッチを試運転に合わせる
    SHARP・・・リモコンで冷房をかけ、室内機の応急ボタンを長押し
    東芝・・・室内機の自動運転ボタンを10秒ほど長押し
    コロナ・・・風量ボタンを押しながら冷房運転をかける
    三菱重工・・・室内機のON/OFFボタンを長押し
    日立・・・室内機のボタンを長押し。または室外機内部のサービススイッチを押す。
    ダイキン・・・室内機スイッチを長押し
  5. 2〜3分後太い方の配管(3分)の方に六角を入れ同じように回す。これでガスは完全に回収される
  6. スイッチを切り、室外機が停止したことを確認後に電源を抜く。
  7. 室外機側の細い配管をモンキーを使って外す。ガスが出てこなければポンプダウン成功。ガスが多量に出てくるようであればやり直し。
      
  8. 太い配管の方も同様に外す。
  9. ケーブル上部のツメを−ドライバーで押しながら、ケーブルを下に引き、ケーブルを抜く
  10. 配管の化粧テープをとる
      
  11. 配管と室内機の接続部分があるので上記同様にモンキーで取り外す
        
  12. 室内機を壁から下ろし、鉄板(背板)も外してエアコンをまとめる
        

<注意> エアコン内部また、配管内にゴミ等が入らないようにしっかり養生しましょう。

 

取り付けだけは専門家に任した方が良いと思います。何とか自分で取付けても、効いているのは1日か2日というのが実情です。ほとんどがパイプの接続部分でガス漏れをおこしており、直すためには工事を最初かやり直し、真空引きによるガスの充填をしなければなりません。つまらない所で高額な費用を払わなければならない結果になってしまいます。

尚、取り外し時の事故,機械の破損、けがなどは一切責任を負いかねますので御了承下さい

無料見積り依頼はこちらから←


電話で問い合わせをする


スポンサーリンク