スポンサーリンク


エアコンの正しい外し方を伝授します

用意する物

  • 脚立
  • モンキー2丁
  • +ドライバー
  • −ドライバー
  • 六角レンチ
  • ビニールテープ

皆さんが難しい思っているガスの回収は簡単ですが、一番難しいのは室内機を壁から取り外す時です。室内機の外し方は各メーカー、機種によってまちまちですので、必ず事前に下調べをして下さい。弊社では御指導出来ませんので御了承下さい。

@室外機に配管パイプが2本(太.細)接続しているのが見えると思います。(側面カバーがついている場合は外して下さい)。


タップで拡大

A接続部分の横に付いている六角形のキャップを外して下さい。 (覗き込むと六角レンチが入るようになっているのが見えると思います)。

タップで拡大


B細いパイプがつながっているほうに6角レンチを入れて、右回しに止まる所まで回します(強めに締めてください) 

         
タップで拡大



C冷房運転を2分ぐらいして下さい。(室外機のファンが回っていることを確認してください。)

冬場、室内温度が設定温度よりも低い場合は、リモコン操作をしても室外機のファンは回りません。その時は、下記のように操作して下さい。 (全メーカー、室内機又は室外機に強制冷房のやり方が書いてありますので、必ず目を通して下さい)

強制冷房の方法

※三菱電機      室内機の前面パネルに強制冷房スイッチを押す

※Panasonic(ナショナル)    室内機にある応急運転スイッチを長押し(5秒以上)する

※富士通     リモコンで冷房運転をかけて、リモコン上の試運転ボタンを押す。

※サンヨー  リモコンで冷房運転をかけて、室内機に付いているスライドスイッチを試運転に合わす。

※シャープ    リモコンで冷房運転をかけて、室内機に付いている応急ボタンを5〜8秒押し続ける

※東芝     室内機にあるスイッチを10秒以上長押しする。

※コロナ    風力ボタンを押しながら運転ボタンを押す。(機種によってはやり方が違います)

※三菱重工   室内機にあるON/OFFボタンを長押しする

※日立   室内機にあるスイッチを長押しする。または室外機内部の基盤にあるサービススイッチを押す。

※ダイキン   室内機にあるスイッチを5秒以上長押しする。


 

D次に
、運転状態のまま、太いパイプの方に六角レンチを入れて右回しに止まる所まで回してください(強めに締めてください)


Eスイッチを切り、室内機のフラップ(羽)が止まるのを確認し、室外機のファンが停止してから電源コードを抜いてください。

F室外機側の細いパイプのナットを少し緩めてみましょう。(2丁のモンキーを使って下さい)
 一秒ほどシュッという音がして、
 何も出てこなければガスの回収 は成功です。
 そのままナットを外してしまいます。
タップで拡大


G太いパイプのナットを外しましょう。
   最初に外しておいたキャップは元のように取り付けして下さい。
   
必ず2本のモンキーを使い、ナットとキャップそれぞれにモンキーを当て、
   モンキーを握り締めるようにしてナットを外して下さい。
タップで拡大

H室外機に差し込んであるケーブルを引き抜きましょう。
  (ケーブルの上の部分をマイナスドライバーで押し付けながら引き抜きます。)
タップで拡大

       
I室外の配管パイプの化粧テープをはがして下さい。
タップで拡大

J室内の配管パイプの化粧テープをはがして、ジョイント部分を露出させ、
大小のナットを緩めて、パイプを外して下さい。

タップで拡大

K室内機を壁から外し、コンパクトにまとめて終了です。

タップで拡大


      


    注意事項  機械、パイプにゴミが入らないように、テープを巻いてください。

タップで拡大

取り付けだけは専門家に任した方が良いと思います。何とか自分で取付けても、効いているのは1日か2日というのが実情です。ほとんどがパイプの接続部分でガス漏れをおこしており、直すためには工事を最初かやり直し、真空引きによるガスの充填をしなければなりません。つまらない所で高額な費用を払わなければならない結果になってしまいます。


尚、取り外し時の事故,機械の破損、けがなどは一切責任を負いかねますので御了承下さい

取り外しについての御問い合わせは下記番号へお願いします。
090-3049-2243




スポンサーリンク

       トップページへ