エアコン工事について解説

配管穴について

エアコン取り付けには配管を外に出すための穴(直径65mm程度)が必要です。戸建住宅ではエアコン取り付けと同時に穴をあけることが多いですが、住宅の壁内には柱や筋交い、電線などがあるため慎重に穴開け工事を行う必要があります。

特に注文住宅の場合は、各住宅メーカーや設計によってどこにどのように補強材や構造体が入っているかは異なるため、注文住宅の場合には事前に工務店に穴を開けても問題ない場所(または柱やブレスが入っている場所)を出してもらって下さい。
注文住宅でのエアコン取り外し工事や取替工事に伺うと穴あけ工事をミスされている現場にもたまに出会います。

穴あけ工事はいきなり大きな穴を抜くことはなく、小さい穴から点検して適切な場所を探しますが、その穴も最小限で済むようにご協力ください。

メールはこちら