激安エアコン工事の落とし穴!そのカラクリとは?

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。青雲電機(せいうんでんき)は東京、埼玉エリアにてルームエアコン取り付け、取り外し工事等を行っています。

お問い合わせやエアコン工事中のお客様との会話の中で、”基本のエアコン工事代金が安い”というだけで依頼し想定外、想定以上の追加請求されトラブルになったというお客様が多くいるように感じます。

中には見積りの数倍の費用を請求されたという方もいます。このようなトラブルがなぜこんなにも頻繁に起きるのかというと、悪質業者による詐欺営業、法外な配管料金の2点が主な理由です。

激安工事会社や某評価比較サイト等で、料金表の配管パイプの値段を見ると、1mあたり2500~4000円のところが非常に多いのがわかります。工事当日、中古エアコン取付けや、移設工事に来た業者は 「パイプが劣化している」 「このまま使うとガス漏れする」など本当かどうかもお客様にはわからない言葉で不安を煽り、不要な部材・工事の必要性を訴えます。

このような業者は2次以下の下請け業者が多く、追加工事費をもらうか、台数をこなさなければ生活が成り立たないのが実情です。

不要部材や工事の押し売りなどの悪質手口は横行しています。工事当日、反論できる勇気と知識をお持ちですか? 特に女性の方は注意が必要です!

エアコン工事トラブルに関する「yahoo知恵袋」はこちら

ガスは漏らさずに取外しできます。移設時の配管は再使用できます。

※下請けでも誠実、丁寧な業者はいます。しかし確率的に少ない。

※1:2分4分(大型エアコン用)の配管パイプの再使用および、長さがない、折れや潰れのある配管パイプの再使用はご容赦願います。メーカーは配管の交換を推奨していますが交換基準が明確にされていないのが実情です。

取り付け時のこんなとき・・・

配管、電線、ドレンホースは必ず必要
  • ・「現場にて思ったより配管が長く必要になった。」
  • ・「業者に「劣化しているから交換が必要」と言われた。」
  • ・「移設先で長さが足りなくて交換になってしまいそう。」
  • ・「劣化が心配なので新品配管に交換したい。」
  • その他、配管の交換の可能性が考えられる場合

エアコン工事費用に大きな差を出すのが主に配管パイプ代!!

ネット上でエアコン工事業者を探すなら必ず基本工事費以外にも配管価格も確認しましょう。青雲電機では2分3分配管 1,000円/mでご用意しております。

エアコン工事施工と、その料金

新品取り付けについて

13,000円(税別)
[配管・電線・ドレン各4m、室外機プラ台、配管およびドレン断熱、穴パテ埋め、真空引き、試運転]

詳しく見る

中古取り付けについて

10,000円(税別)
[配管・電線・ドレン各4m、室外機プラ台、配管およびドレン断熱、穴パテ埋め、真空引き、試運転]

詳しく見る

取り外し工事について

4,800円(税別)
[配管・電線・ドレン各4m、室外機プラ台、配管およびドレン断熱、穴パテ埋め、真空引き、試運転]

詳しく見る

引越し、移設工事について

14,800円(税別)
[配管・電線・ドレン各4m、室外機プラ台、配管およびドレン断熱、穴パテ埋め、真空引き、試運転]

詳しく見る

< 対応していない工事がございます。<詳しくはこちら>をご確認ください >

2分3分配管 1,000円/m でご用意!

地域で一番安い配管パイプセット

中古取り付け時、移設時の配管は再使用して取り付け致します!(再使用できれば配管代0円!)曖昧な言葉でパイプの交換を強要することはありません。(※1)。交換、延長が必要なときでも1,000円/m(2分3分仕様、電線・ドレンもセット)でご提供致します。
下請けではないからこそできる価格設定です!

※1:2分4分(大型エアコン用)の配管パイプの再使用および、長さがない、折れや潰れのある配管パイプの再使用はご容赦願います。

希望日時で工事対応!

工事日時をお客様のご希望で

工事の日にちだけでなく、開始時間もご相談可能です。なお、スケジュールの空き状況によりますので、ご希望日時がある場合にはお早めに。
※夜間の対応はしておりません。天候等で延期となる場合もあります。

1日受注制限!

一日の受注エアコン工事制限

万が一のトラブル等対応できるように、1日最大2~3件のみの対応となります。また、時間に余裕を持って仕事することを心掛けています。

引越し・移設の際のエアコン運搬も可能!

一日の受注エアコン工事制限

引越し時にはエアコンの運搬も承ります(別途費用)。女性、ご高齢の方はご利用ください。

※お客様の方で運搬いただける場合には運搬費はかかりません。

<エアコン取り替え(交換)工事例>

  

古いエアコンを処分して、新品・中古のエアコンを取り付ける場合 (標準工事)
エアコンの取り替え工事。中古の場合12800円。新品の場合15800円

中古に取替え・・・処分3,800円+標準取付け10,000円 =13,800円(税別)
※お客様が以前使用していた配管パイプを使用することでこの価格で工事完了。

新品に取替え・・・処分3,800円+標準取付け13,000円(配管4m込み) =16,800円(税別)
※配管の長さが4mを超える場合は別途1,000円/mかかります。  詳しくはこちら

---営業エリア----
移設、取り外し、取り付け、廃棄処分、各種工事承ります。

東京
23区(千代田区 中央区 文京区 新宿区 渋谷区 中野区 杉並区 目黒区 世田谷区台東区 墨田区 江東区 荒川区 葛飾区 江戸川区 港区 品川区 大田区 豊島区 北区 足立区 板橋区 練馬区)
三鷹市 武蔵野市 調布市 府中市 小金井市 小平市 西東京市 清瀬市 東久留米市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 国分寺市 国立市 昭島市 福生市 羽村市 あきる野市 青梅市 狛江市

埼玉
さいたま市(大宮区 浦和区 北区 中央区 西区 南区 桜区 緑区 見沼区) 
伊奈町 上尾市 桶川市 北本市 鴻巣市 行田市 久喜市 白岡市 鷲宮市 蓮田市 吉川市三郷市 八潮市 川口市 戸田市 入間市 所沢市 新座市 和光市 朝霞市 志木市 ふじみ野市 富士見市 狭山市 坂戸市 飯能市 日高市 東松山市 鶴ヶ島市 川越市

お問い合わせから工事まで

  1. 注意事項をお読みになり、エアコンの型番や現場状況をご確認の上、お電話またはメールにてお問い合わせください。
  2. ・お問い合わせいただいた内容で概算お見積り費用等をお伝えします。
  3. ・ご納得いただければ工事日程の調整を致します。
  4. ・工事完了後に現金にて工事代金のお支払いをお願い致します。

メールはこちら

現場全体が把握できる写真を添付したメールをいただければ、より正確なお見積り金額を提示出来ます。

※当日、到着前に連絡を入れてほしいという方は事前にお伝えください。

全国ネットの激安工事会社および引越し会社のエアコン工事は安いのか?

問い合わせ時に、下記のような質問をすることをおすすめします。下記のような返答があると思いますので、業者選びのひとつのポイントになると思います。※下記図は中古エアコン取り付け(配管がある場合)および移設工事を例にしています

ぼったくりエアコン工事業者を見抜く方法

配管の長さが足りない場合は交換せざるを得ないので、再使用できると言われた場合でもしっかり確認しましょう。実際の工事現場を見ると長さが足りなくて交換ということも少なくありません。標準工事の場合でも、配管パイプは4m弱は必要ですので、配管パイプ1mあたり3000円近いと交換した場合、1~2万円弱!追加料金を理由にキャンセルした場合キャンセル料を請求されることもあるようです。

移設工事費用デモンストレーション

だまされないためのアドバイス

”疑いの目を持ち、業者を決める”

”取り外し・取り付け同時なら割引アリ” という謳い文句に注意。取付け時に追加料金があるかも。
脱着(移設)時には「ガスは抜けるのですか?」「配管パイプは再使用できますか?」と聞いた方いいです。曖昧な返事には注意!工事ミスがない限りガスが抜けることはありませんし、長さが間に合えば配管も再使用できます。 また工事保証は最低でも1年は必要です。

”工事着工前に確認すること”

最終的に工事費用はいくらかかるのか?見積り通りなのか?  もし、最初の約束の料金と大きく違う場合は工事をキャンセルする勇気を持ちましょう。

”工事後半に確認すること”

少し怪しそうだなと思ったら、室外機に配管パイプを接続したあとに立ち会いましょう。真空ポンプによるエアパージと六角レンチで2ヵ所のバルブを開放するところを見届けましょう。バルブを開放しないとガスが循環しないのでエアコンは効きません。開放しているかのように見せて開放せず、「ガスが不足している」という悪質な業者もいるようです。

”業者の言葉を100%信じない”

本当に ”ガス不足” なら冷房運転したときに室外機の配管接続部に霜が現れ、白くなります。正常なら水滴がつきます。ガス不足を指摘されたら、バルブが開放されているか、エアコンが正常に効いているかを確認しましょう。
「配管交換が必要」と言われたら、なぜなのか具体的に納得できるまで理由を聞きましょう。

面白い掲示板を見つけました。きっと皆様の役に立つと思います。

”エアコンのガス補充は本当に必要??”

エアコンのガスは循環しているだけで、決して減っていくものではありません。 取り外したエアコンを数年保管するとガスが減ってしまうと思っている方が多いようですがそれは全くの誤解です。弁がきちんとしまっていれば、半永久的に残り続けます。中古エアコンを取り付ける時に、ガスを補充した方がいいですねと言われた場合は少し疑ってみる必要があります。

”真空引きエアパージとは?”

約10年前からエアコンには新冷媒R410Aガスが使用され、このエアコンは取付時に必ず真空引きエアーパージという作業が必要です。(エアパージというのは配管の中の空気を抜く作業のことです。) 手間と時間がかかるため、手を抜いたり、高額な料金を請求される場合があるので御注意下さい。最近はどこも真空引きが基本工事に含まれている場合が多いです。真空引きをしなかった場合の様々な悪影響は多くのHPで照会されています。「家電改の鷹」さんのHPが詳しいですよ。